歯周病治療

早期発見・早期治療で歯周病を撃退!

歯周病について

歯周病は、プラーク(歯垢)や歯石が出す毒素により、歯茎などの歯周組織に炎症が起こる病気です。痛みなどの初期症状に乏しく、知らないうちにどんどん悪化していくのが歯周病の厄介なところで、重症になってはじめて気づく方も少なくありません。

「痛くないから大丈夫」という考えは禁物です。重度になると抜歯せざるを得ないケースも出てきますので、最悪の結果を招かないよう、毎日のブラッシングと歯科医院での定期検診で予防に努めましょう。

歯周病の進行状態と症状

歯周病は、「歯肉炎」→「軽度歯周炎」→「中等度歯周炎」→「重度歯周炎」という段階で進行していきます。

歯肉炎
歯肉炎

歯茎が赤くなり炎症を起こしている状態です。ブラッシングをしたときに出血することがあります。

軽度歯周炎
軽度歯周炎

歯茎がさらに赤みを増し、歯周組織にも炎症が及んでいる状態です。ブラッシングをしたときに出血します。

中等度歯周炎歯
中等度歯周炎歯

炎症がさらに進み、歯を支える顎の骨にまでダメージが及んでいる状態です。歯茎の赤みが増し、出血量が増加するほか、歯のグラつきや口臭などの症状が見られます。

重度歯周炎
重度歯周炎

歯周組織の炎症がさらに進み、歯茎がぶよぶよと腫れた末期の状態です。血だけでなく膿も出るようになり、強い口臭を伴います。また、歯を支える顎の骨が溶かされているため、歯がグラついてきます。

  • PAGE TOP

当院の歯周病治療

スケーリング・ルートプレーニング

歯周ポケット(歯と歯茎の隙間)に溜まったプラーク・歯石を取り除く「スケーリング」を行います。その後、スケーリングでザラザラになった歯面を磨く「ルートプレーニング」を実施。歯の表面をツルツルな状態にして、プラーク・歯石の再付着を防ぎます。

フラップオペ

歯周ポケットの奥深くまで歯石が溜まっていて、スケーリングでは歯石を除去しきれない場合はフラップオペという外科手術を行います。歯茎をはがし、こびり付いた歯石を取り除きます。

軽度の歯周病であれば、スケーリング・ルートプレーニングで改善が望めますが、重症化するとフラップオペなどの外科手術が必要になります。治療費や治療期間はもちろん、患者様にかかる精神的な負担も大きくなってしまいます。

歯周病は、かかってしまってから治療するより、かかる前に予防することが何より重要。そのためには、毎日のブラッシングはもちろん歯科医院での定期検診が欠かせません。当院では、保険診療の範囲内でクリーニングを行っていますので、ぜひお気軽にご来院ください。

予防歯科のススメ

東京都国立市|診療予約|パーク歯科

  • PAGE TOP