入れ歯でお困りの方へ

しっかり咬める入れ歯に替えませんか?

入れ歯治療

「ズレて痛い」「合わない」「見た目に違和感がある」「しっかり咬めない」などは、入れ歯に対するよくある不満。なかには、「入れ歯だから仕方ない……」とあきらめている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、最近では違和感の少ない入れ歯やしっかり咬める入れ歯、見た目が自然な入れ歯など、優れた入れ歯がたくさん登場しています。これらの入れ歯は自費治療になりますが、きっと費用以上の満足が得られると思います。

保険と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯 自費の入れ歯
概要 使用できる素材に制限があるため、咬み心地や見た目では自費の入れ歯に劣ります。短時間でつくれることと費用が安いことがメリットです。 使える素材に制限がないため豊富な種類があります。自費治療のため高額ですが、審美面・機能面ともに保険の入れ歯より優れています。
装着感 ★★ ★★★★
噛み心地 ★★ ★★★★
耐久性 ★★ ★★★★
審美性 ★★ ★★★★★
治療費 ★★★★ ★★
  • PAGE TOP

当院の入れ歯治療

パーク歯科では、保険の入れ歯にも自費の入れ歯にも対応しています。患者様のご希望やご予算に合わせて最適な入れ歯をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

ノンクラスプデンチャー(バルプラスト)【自費治療】

金属のバネを使用しない部分入れ歯です。素材には半透明のナイロンを使用しているため目立たないのが特徴。周囲からは入れ歯をしているようには見えません。また、軽くて弾力性があり破折しにくいのも大きなメリットです。

比較画像 金属のバネを使用しない部分入れ歯

金属床義歯【自費治療】

ゴールド チタン コバルトクロム
床の部分にゴールドを使用しています。腐食しにくく、金属アレルギーの原因になりにくいのが特徴です。 床の部分にチタンを使用しています。薄くて軽量なため違和感が少なく、耐久性にも優れています。また、汚れが付着しにくいのも特徴です。 床の部分にコバルトクロムを使用しています。薄いため違和感が少ないのが特徴。耐久性にも優れ、チタンよりも安く製作できます。

金属床義歯を取り扱っています。

歯茎にあたる床の部分が金属でつくられた入れ歯です。薄く作製できるため違和感が少なく、食べ物の温度が伝わりやすいので食事を楽しめます。当院では、ゴールド、チタン、コバルトクロムの金属床義歯を取り扱っています。

東京都国立市|診療予約|パーク歯科

  • PAGE TOP